FC2ブログ





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい社会生活

私の会社勤務はS様とU子様のお考えになった調教の一部である。
S様の会社に派遣社員として、そして先週末からは、派遣女性社員として働いていることは、
私が自分の立場を日々理解するためだし、そして、私が社会的なカミングアウトをするためにとても都合がいい。

昨日いただいたコメントで過去に自分で書いた文で、

>S樣とU子樣は、私の完全女性化に加え、特にカミングアウトを望んでおられる。
>私の男としての社会生活を終りにしてあげる、ってU子樣がその理由をはっきりとおっしゃった。

というのを引用していただいた。

二日間無我夢中で終ってみて、振り返ると、指摘されたように、一番大きいのは、私の男として社会生活が一つの部分で大きく終ってしまったということだ。

何度も書いたように、これまでフルに女性の格好をして外出したのは、わずかな例外を除いて、御主人様に付き添われてのものだった。
それはプレーの一部だった。

ところが、会社に一人で女性の格好で行くのは、それとは意味がぜんぜん違うというのを今ひしひしと感じている。
心理的には、とにかく、何より一人というのが不安。
でもそれに慣れていかなければと思っている。

こうやって休みの日になっても、じわっと感じられるのは、女性として通勤するということで、服装が女性のものになるということが、私の日常生活の基本になってしまったという事実だ。

夕方家に帰って、あるいは朝起きて、家着のTシャツとスカートを着る。
それはもうずっと慣れたものだけど、今まではどこかに、女性の物を着る、という意識があった。
ところが、たった二日間の間に、いつの間に、私服に着替える、単に服を着るという意識に変化している。

そして拍手コメントでも指摘していただいたけど、街を歩いているときも、他の女性や、ショーウインドウでいつも服や化粧、小物アイテムのチェックをしている。
テレビや雑誌を見るときも。

S様とU子様が、私を会社という大きな場でカミングアウトさせたことは、単に人目に晒す羞恥プレーというのではなく、私の日常を女性のものにするための大きなステップだったんだと、今改めて感じている。


yuki100508a.jpg



女性派遣社員としてS様の会社に勤めるのは、精神的にだけでなく、社会的、経済的にも私が女性として御主人様たちの支配下にはいってしまったということにもなる。

昨日紹介したS様の社員宛てのメールにも触れられてあったけど、私がこの格好で勤められる会社というのは、いったん入った会社でカミングアウトするというのは別として、これからこのままで見つけるのはとても難しい。
不可能ではないと思うけど、どれだけのエネルギーがいるか考えただけで気が遠くなる。

3月で前の仕事を辞めてしまった以上、私はあらゆる意味で御主人様たちに頼ることになってしまった。

収入が半減した分、経済的にもG様に大きく依存している。

もちろん一人で暮らせない収入ではないけど、一人で前のようなマンションか、そしてG様といるこのマンションと同じレベルのところに住むのは不可能だし、これから女性アイテムを揃えていくのにお金がかかることを考えれば、とても考えられない選択肢だ。

そんなことを考えると、自分がとても弱々しい存在、だれかの支配や保護化でないと生きていけない存在になったような気がする。
昨日U子様と会社からチャットしたときに、いろいろと誘導されて、正直にこんな気持を書いてしまったら、大満足の返事が帰ってきた。


だけど後悔はしていない。


コメントの投稿

非公開コメント

・・・

このエントリー重かったです。
頭では理解していたことなのに...。

興味本位でコメントし、軽い気持ちで「応援しています」
なんて言ったことを後悔しています。

でも、ゆきさんは受け入れていらっしゃり。
(1年近くかけて受け入れさせられた)
進もうとしていらっしゃる。

・・・複雑です。
ROMに沈みます。

No title

ともさん

すみません、そんなお気持にさせるつもりはなかったです。

私はもうちゃんと受け入れているし、その中で自分の幸せを見つけているのでだいじょぶです。

考えてみれば、結婚して専業主婦になって、子供を産む大くの女性が、多かれ少なかれそういう気持をどこかに抱いて、それで決断して、受け入れているだけで、私だけが特別じゃないです。
そういう意味では、多くの女性の立場に近づけたと思っています。

これからも気軽コメントください。
軽く応援してくれるだけでも、うれしいですよ~。

この前みたいに、からかわれるのも好きです♪

たくみな

あなたの男性としての社会的存在を抹殺していく、じつにたくみな調教というほかありません
すごいというか
こういうSMもあったのですね

ごめんなさい…

ともさんと同じ…私も何て軽薄なんだろうと胸が苦しくなりました。私自身は女装はあくまで自分の意思…誰にも強要されることもない。でも、ゆきさんには自分の自由意思で男性として自立した生活に戻ることは赦されない…。肉体的にも精神的にも、経済的にも「女性」としてご主人様に支配され、かつご主人様に依存しなければならない立場にされてしまった。そして、いつかは性転換まで待っているのかも知れない…「私自身受け入れているから大丈夫…」きっと本心からの言葉…でも…ゆきさんが初めて女性化調教をされ、元恋人にまで屈辱的な姿を見せられ、そして今日に至る日々を思えば、私たちが興味本位でいったい何を言っているのだろうと、自分の軽薄さを恥じています。そして同時に、ゆきさんがとても強く眩しく見えています。

Re: たくみな

S様の力、私の知らなかったU子様の面を強く感じないわけにはいきません。

> あなたの男性としての社会的存在を抹殺していく、じつにたくみな調教というほかありません
> すごいというか
> こういうSMもあったのですね

Re: ごめんなさい…

ひろ子さんまで、そんな…

重い気持にさせちゃって悪いです。

軽~く励ましてもらえるのが私にとっていちばん嬉しいので、気軽にコメントしてください。

こういうの私だけじゃなくて、それも自分からそういう願望がある方たちがいらっしゃるというのを知るだけでも、私としては励まされます。
ちょっと優越感にひたっちゃったりしてね(笑)

Re: No title

復活しました(はやっ!)...ポリポリ (・・*)ゞ

ブログの趣旨や流れを読めずに
水を差すようなコメントを入れてしまい ごめんなさい m(_ _;)m

にもかかわらず いろいろと気をつかって下さって
本当にありがとうございました。



と いうことで、さっそくお言葉にあまえて
からかい気分で お気軽質問しちゃいます。

食事は どうされてますか?

お洗濯の話は しょっちゅう出てくる印象がありますが
食事のメニューは 豚肉生姜焼き ぐらいしか記憶にないです。
朝晩 ゆきさんが作ってるんですよね。
お昼も 愛妻弁当を 持たせてあげてるんでしょうか?

お料理は前からやってました?
それとも同棲の準備期間に修行を始めました?
得意料理は何ですか? (”あ・た・しっ”の他に...)



「一番のコンプレックスは肩幅」の件は
既にどなたかからアドバイスがあったようですが
「肩幅 狭くする 方法」でググると いっぱいヒットします。
同じ悩みを持つ女性も いっぱいいるということですね。
教えて!goo(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/601307.html)の
「目の錯覚を利用する着こなしをする」なんかも参考になりそうです。



なんか不自然にはしゃぎ過ぎてて、自分でもひいてしまいますが
重い文章書きの間の気分転換にでも教えてもらえれば うれしいです。

Re: Re: No title

また、コメント下さってありがとうございます。

> 食事は どうされてますか?

お料理、私が朝、夜作ってます。
お昼は別々で、お弁当まで手がまわらないのと、G様もランチは外で食べるのが好きなので、私も出るか、買ってくるかしてます。
お料理は、興味ああったけど、そんなに得意ではなかったです。
4月以前もG様のためにおつまみを作ったりしてたんですが、いっしょに住むことになって、自己流ですが勉強しました。
今もクックパッドとかみて研究してます。

お料理に関しては、そのうちちゃんとした記事を書きますね。

肩幅の件、ありがとうございます。
女性でもそれなりに悩みのある人がいるから、そういう人のテクニックを勉強すればいいんだと、言われて気付きました。
肛歓遊戯 舞の倒錯オナニー編




プロフィール

yukismiling

Author:yukismiling
2009年6月より思いがけないきっかけかで女性化調教を受けています。ホルモン治療中。20代後半。一般会社員→派遣。ブログは調教の一部としてはじめました。

最新記事
最新コメント
はじめての方へ
記事がたまってきてはじめて訪問される方には過去記事が錯綜していて事情が分かりにくいようです。状況が簡単に分かる記事をいくつかリストアップしてみました。


あとは カテゴリーの のその他の記事、またカテゴリー あたりから読んでいただけるとだいたい分かると思います。
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter @yukihappytears
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。