FC2ブログ





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精を受けて

前記事からの続きです。

このあとに続いたパートナーを交換しての、G様とU子様のセックス、そしてついにおとずれたS様と私とのセックスについて書かなければならない。

これについては書く時間がないというより、思考の空白の部分が多い。

S様と私のセックスというその時の大イベントは、実は私にとってもう既定のもので、かなりすんなりと受け入れられた。
S様と私のセックスはその時が始めてではなく3回目だった。
S様に征服されたときの気持については、以前のエントリーの、「御主人様としてのS様」で書いている。

この3月20日のときに始めてだったのは、U子様の前でセックスするということだった。
実はその屈辱の心理的準備は、もう、その夜のはじめに、U子様の前でS様にフェラチオしたことで十分になされていた。

ということで、その日の最後にU子様の前でS様とセックスするということはもう自然になっていた。
むしろ3回目ということで、S様に馴染んでしまっていることが、U子様の前では恥ずかしかったくらいだ。

そして、S様とU子様のセックスにシンクロしながら感じたことを現実に感じた。
U子様のものであり、私のものになったよがり声を存分にあげての、歓喜が何十倍にもなるセックスを私は経験した。

もう一つ私にとって記憶にのこっていることがある。
その日、S様はU子様とのセックスのとき射精せずにこらえてU子様だけをイカせた。
そして、最後の私とのセックスのとき、私の中で大きくはじけ、私の中に熱く、思う存分射精した。

私はまた歓びの涙を流した。

これから書くことは、三人のご主人様もほんとうには知らない私の気持で、ここで書くのはとても勇気がいるが、自分に正直に書いていみる。

その時流した歓びの涙は、単なる感覚の絶頂の快楽による歓びの涙とも違う。
G様との精神的に満されたセックスができたときの多幸感からくる涙に近いもので、それよりも、もっと強烈な名状しがたいものだった。

S様のペニスが脈うち、私のお腹の中にどくどくと射精するのを感じたその時、私は、体が焼かれるように感じた、しかし焼かれると同時に、奇妙なことに心も体も満たされるような法悦感を感じていた。

そのあと、涙を流したというより、はげしくしゃくり上げて泣いたのをご主人様たちはご覧になった。

おそらく屈辱のあまり泣きじゃくっていたと理解したのだと思う。

しかし実際には違う。

それは感極まってのものだった。

感極まった感情をどこにももっていきようがなくオコリのような震えが体じゅうを襲っていた。

私はその震えの中で、私とU子とS様をめぐる忌しい過去の思い出、私の中から浄められたような気がした。

あとでS様の精液が、お尻から出てきたとき、私は、ある感情が自然に沸きあがってくるのをおさえられなかった。

思い切って書いてみる。

その感情とは、「U子様に勝った」というものだった。
その感情は、つかの間の馬鹿げた考えだと打ち消されるまで、数日間、トイレに行くたびに戻ってきた。

その前にあったG様とU子様のセックスについてはこれもまた書き難く、思考の中にいちばん空白が多い。

コメントの投稿

非公開コメント

肛歓遊戯 舞の倒錯オナニー編




プロフィール

yukismiling

Author:yukismiling
2009年6月より思いがけないきっかけかで女性化調教を受けています。ホルモン治療中。20代後半。一般会社員→派遣。ブログは調教の一部としてはじめました。

最新記事
最新コメント
はじめての方へ
記事がたまってきてはじめて訪問される方には過去記事が錯綜していて事情が分かりにくいようです。状況が簡単に分かる記事をいくつかリストアップしてみました。


あとは カテゴリーの のその他の記事、またカテゴリー あたりから読んでいただけるとだいたい分かると思います。
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter @yukihappytears
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。