FC2ブログ





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンクロ

前記事からの続きです

次のセックスの組み合わせはS様とU子様だった。

裸になった私たち(私はガーターベルトとストッキングだけ)がソファに戻ると、S様とU子様は自然にベッドのほうに行き、いかにも慣れた夫婦のセックスという感じで、自然に前戯を始めた。
私たちのときと違って二人は濃厚なキスから始めた、そして、その間にU子様ののブラとパンティはS様によって巧妙に脱がされた。

くるりとS様がU子様の脇に寝そべると、U子様はこれも、あうんの呼吸で起き上りS様の上に跨って、そのまま自分から挿入した。
そうしてU子様はゆっくりと自分から腰を動かし始めた。

私の側から、S様のそそり立つもの、それにU子様が跨がるようす、そして跨ってからも腰を動かすたびにU子様の腰から出入りするようすが見えていた。

以前の私なら、そして普通の状態の私なら、気も狂わんばかりの情景だったろう。
しかし先ほどのセックスでほとんど腑抜けになった状態の私は、それを遠い出来事のよう見ていた。
というより、私にとって、それは既視感のある、懐しい光景になっていた。

もうずっと私は、S様とU子様がセックスするシーンをビデオで私自身の調教のために見せられていた。
ビデオは10本ほどあり、いろいろな体位があって、その中にはU子様が縛られたものもあった。
そして今日の騎乗位でのセックスもその中にあった。

U子様の腰の動きがだんだん激しくなり、そしてS様も腰を使いはじめた。
U子様が快楽の声をあげはじめた。

それはなつかしい声だった。

その声を私はほとんど隅から隅まで知っていた。
漏れ聞こえる言葉の断片もすべて私の知るものだった。
何度も何度もビデオで聞いた声だ。

しかしそれだけではなかった。
U子様はほとんど私と同じ声をあげていた。
同じ息づかい。
同じ嬌声。
同じしゃくり上げ。
同じ甘え声。
どれをとってもおなじ単語。

「ああ、感じる」「そこ、そこ、そこ」「もっと、お願い、もっと」「ああ、大きい」「突いて、突いて」「いい! いい!」「ああ、奥まで」「ああ、すごいすごい」「ああ、U子、もうだめ」「イキそう、イキそう」...

それに気がついたとき、そして、それがなぜか理解したとき、胴がふるふると震えるほどのショックを受けた。

G様によって、私は、何度も何度も、そのビデオを見ながら、という聞きながら、イクように訓練されていた。
自分の恋人だった女性が自分を寝取った男とセックスしているシーンを見せられるだけでなく、彼女がその男の手によってイカされる声を耳にしながら、それに合せて女としてイカされるような残酷な調教を私は受けた。

G様のものを受けいれながら、何度も何度もビデオを聞かされたので、1本につき、その先がどんな声がするか覚えてしまったほどである。

そういえば私が一人でじゅうぶんに同じようなよがり声をあげてイクようになって、年明けからビデオは使われなくなっていた。

G様とのセックスで一人で存分に歓びながら、私はもう、そのビデオの辛い記憶を心の中に抑圧していた。

U子様が私と同じ声をあげているのではなく、私がU子様と同じ声をあげさせられていたのだ。
U子が、私のセックスのときにはあげることはなかったその声、S様によってしこまれたその声を、私は同じようにしこまれていた。

一瞬のうちに私はそれを理解し、そして、U子様の声を聞き続けた。
私の息遣いはU子様の息遣いにシンクロした。
なつかしいビデオの訓練のときの感覚がもどってきた。

私はU子様の一声ごとに、彼女の快楽、彼女の感覚を自分の胸と腹に感じた。
いや、S様によって彼女に与えられている快楽と感覚を感じた。
S様がU子様を突き上げる力を感じた。

眼をつぶって、彼女の声を聞きながら、それに酔い、彼女といっしょに翻弄され、彼女といっしょに頭の中で果てた。

自分が、心の底から女性化してしまったこと、そして体の芯の芯までS様に完全に敗北していることを私はそこで改めて自覚した。

私はかつての恋人が、自分から彼女を寝とった男とセックスしているシーンを前にして、誰に言われるまでもなく、その男の代りに彼女を犯すことではなく、彼女の代りに自分がその男に犯されることを思い描き、それに酔う人間になっていた。

コメントの投稿

非公開コメント

興味深く読ませてもらってます

元カノのビデオを見せられ、同じように反応するよう仕込まれる...
ずいぶん屈辱的な調教ですね。

でも、今の境遇に満足というか、わりと肯定的に受け入れていられるみたいで、
読んでいる方としても 救いがある感じで読ませてもらっています。

この間に どんなことが有ったのか?心がどのように動いてきたのか?
妄想を膨らませながら 楽しみに読ませてもらっています。

とってもハイペースの更新で、読む方にはありがたいのですが
無理のない形で少しでも長く続けてもらえたら嬉しいです。

コメントありがとうございます

とも様。
コメントありがとうございます。

いろいろな涙があったのですが、今は結局この道しかなかったのだと思っています。

それに今、目の前に与えられる歓びにどうしようもないんですよ。

今、最初で、たまっていたものを吐き出してしまいたいという気持ちが先行して、休みというのもあってハイペースなんですが、そのうち落ち着いていくと思います。

今S様の別荘に向かう車の中で、今日はお泊りなので更新は少なくとも明日までお休みです。
肛歓遊戯 舞の倒錯オナニー編




プロフィール

yukismiling

Author:yukismiling
2009年6月より思いがけないきっかけかで女性化調教を受けています。ホルモン治療中。20代後半。一般会社員→派遣。ブログは調教の一部としてはじめました。

最新記事
最新コメント
はじめての方へ
記事がたまってきてはじめて訪問される方には過去記事が錯綜していて事情が分かりにくいようです。状況が簡単に分かる記事をいくつかリストアップしてみました。


あとは カテゴリーの のその他の記事、またカテゴリー あたりから読んでいただけるとだいたい分かると思います。
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter @yukihappytears
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。