FC2ブログ





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「じょうずね」

前回のエントリーの続き。

その日から始まった2週間ごとの4人での調教プレーが、明日は4回目。

1回ごとに発展していく。

明日までに、その1回目のショックをここで吐き出そうとしているのが自分でも分かる。

その1回目の夜。

U子様は基本的にS様とG様に対してはM、私に対してはSとして振る舞った。
ただし、G様からはいろいろなプレーをされるが、その他の点では、言葉遣いやなにかは精神的には対等な立場だった。

そして、その日、私には精神的にSとして、それを言葉や態度で示されたが、プレーには参加してこなかった。
一度も、直接的にも、道具を介して間接的にでも、U子様が私に触れることはなかった。

しかしその視線と、言葉だけで私に激しい屈辱与えるのに十分だった。

二人は現われると、U子様はS様に促されて近くのカウンタースツールに座った。
その脇にS様が立った。

G様は、私の後ろ手の拘束と首輪のリードを外してくれた。
そしてそのG様の「S様にごあいさつしない」という声に促されて、G様の前に跪いた。

私とG様の間で

「あいさつしなさい」

というのは具体的な一つの行為を指していて、それはもう日常的に繰り返されてきた。

そしてその日の午前中から、G様に「今日はまずS様への念入りなご挨拶を忘れないように」と言われていたので、何をしなければいけないかは迷いはなかった。

跪き、自由になった両手でS様のズボンの前のジッパーを開いた。
これもG様との間で繰り返されてきたことだ。

しかしS様に対してははじめてだ。
前2回の調教ではS様はすでに裸になって、そそり立ものを私に差し出していた。

自分から求めるように、前に立った男のジッパーを開き、ブリーフの前から取り出し、それに唇を捧げるという行為が恥ずかしさを倍加させた。
しかしG様との間で慣れた動作で自分でも驚くほど何の躊躇もなく動作はスムーズに進んだ。

S様は自分のものが十分固くなったころ、私の頭をいったん外し、自分からベルトを外してズボンを脱ぎ、ブリーフを下した。
その間私は、視線を落してずっと待っていた。

S様のとなりのスツールに座っているU子様のハイヒールがゆるゆると小刻みに動いているのが斜め向こうに見えた。
彼女が私を見下ろしている視線がそれで痛いほど感じられた。
しかし、見上げる勇気はなかったし、その許可も得ていないという気持が調教というものに慣れている自分の頭のなかをよぎった。

後ろにいるはずのG様の視線も気になった。

自由になってそそり立ったS様のものに、私は、G様の調教で身についたテクニックを使い、そして、そして2週間前にS様本人からじかに教わったS様好みの流儀を思い出しながら、一生懸命奉仕した。
G様から、あとで、自分にするときと同じくらい愛情がたっぷりこもっていたとからかわれたくらいだった。

亀頭をちろちろ舌先で愛撫し、唇で中程まで柔らかく包みこみ、玉を含んで舐め、竿を上から下まで愛しそうに舐め、口いっぱい喉いっぱいに含んでディープスロートした。

視界の向こうにゆらゆらと動くハイヒールの足が、眼をつぶっても脳裏をよぎるのを、忘れようとしてあれほど夢中になったのだと思う。

奥深く含みながら、S様のものが膨れ出してきて、いよいよかなと思ったところで、急に頭を押えていたS様の手が私を逆に引っ張り、

「このくらいでいい」

と言った。

G様も後のセックスが控えているときは射精しないのでそれには慣れているが、この時はS様のものが、明らかに射精に向けて膨らみ出していて、それを期待していたので、軽い失望感と中途半端な気持のまま口を話したのを覚えている。

そしてその瞬間

「じょうずね」

と一言、U子の声が頭の上から降ってきた。
はじめて私にかけられたU子様の言葉だった。

不意をつかれて、私は声のほうに顔をあげた。

跪いて上目遣いに見あげている私を、くったくない笑みを浮べて見下しているU子の眼がそこにっあった。

顔は笑っているものの、ぞっとするほど冷たい眼だった。

「この人についていくことにした」と、私に、他人の顔を向けて言ったときの眼、ストーカー行為をした私を蔑むように見ていたその眼、それが何十倍にも増加されたような目つきだった。

それが私とU子様のその日の唯一のアイコンタクトだった。
そして、私にとってU子がU子様になった決定的瞬間だった。

========

書きなががら乾かしていたマニュキュアが乾いたので、着る物を見に、いったん外に出ることにします。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。人麻呂と申します。
あっという間にものすごい更新ですね。すっかりゆきさんのファンになってしまったものとしては、ものすごくうれしいですが、あんまりハイペースだと反動が怖くなってしまいます。無理されないように・・・。

それにしても本当にうらやましい生活です。何より私が心を惹かれるのは、「寝取られて」、妻になるはずだった女性にまでさげすまれながら、自分の望みとは異なり女性化させられていくところです。

U子様は、いったいどんな女性なのでしょうか。U子様もS様に調教されて、変わられてしまったのでしょうか。心も、外見も。
そしてそのU子様が、ゆきさんを支配する立場に変わる。
目つきも、笑顔も、その体も。

そして寝取った相手のS様に、女性として扱われるゆきさま。
写真を拝見すると、ものすごくかわいらしい雰囲気がただよっていますね。U子様も、同じようなかわいらしいイメージなのでしょうか。それとも。

過去のことを文章にするのは、ものすごくつらいと思います。けど、そこでゆきさんが感じた屈辱と興奮に、ものすごく惹かれる自分がいます。

これからも、時々になりますが拝見させていただきます。心から応援しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

人麻呂さん、2度目のコメントありがとうございます。

うらやましいと言われても、望んでこうなったのではない私にはピンとこないのですけど、でも今確かに以前には味わえなかった幸せを掴んでいるのは確かです。

はっきり言えるのはストーカーとしてこの一年放置されていたのよりもある種の癒しはあったのかも知れません。

U子、U子様のことはまた書いていきますが、明るく活発で、自分が言うのもなんですが美人です。高飛車に見えるところは普通はないです。

もう御主人様になってしまったので、軽々しく評するわけにはいきませんが、確かに可愛らしかったです。といっても幼ない可愛らしさではないです。それから、仕事がよくできます。おとなしいタイプではないです。

昨年結婚して、そして仕事を変えてから(これはまだ書いてなかったですね、ある事務所の責任者をしています)、人妻実業家というセレブ風の雰囲気がでてきて、もう日常でも私の手の届かない人になってしまいました。

> 写真を拝見すると、ものすごくかわいらしい雰囲気がただよっていますね。
うれしいです!!!


過去のことに触れるのはつらいです。
だけど書き始めると、細かいところまで書こうと止まらなくなってしまいます。

あと、人麻呂さんのあとにU子様とS様からメールとコメントがあって、とまらずにどんどん続けるよう言われました。

肛歓遊戯 舞の倒錯オナニー編




プロフィール

yukismiling

Author:yukismiling
2009年6月より思いがけないきっかけかで女性化調教を受けています。ホルモン治療中。20代後半。一般会社員→派遣。ブログは調教の一部としてはじめました。

最新記事
最新コメント
はじめての方へ
記事がたまってきてはじめて訪問される方には過去記事が錯綜していて事情が分かりにくいようです。状況が簡単に分かる記事をいくつかリストアップしてみました。


あとは カテゴリーの のその他の記事、またカテゴリー あたりから読んでいただけるとだいたい分かると思います。
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter @yukihappytears
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。