FC2ブログ





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「次はこの姿を…」 ~ 赤の下着

前の記事に書いた、S様が積極的に加わっての2週続きの調教があって、2週間後の3月20日に調教にU子様が加わることになった。

それは、3月6日のS様主体の調教のときに言葉責めとして予告されていた。

「次はこの姿をU子に見せてやるからな。」

一生懸命S様のものに口でご奉仕しながら、そしてアナルを犯されて声を上げて歓びながら、繰り替えされるその言葉責めに私は、訳も分らず無我夢中で頷いていた。

「うれしいか? うれしいんだったら、ハイうれしいです、お願いしますって、言ってごらん」

頭が痺れるような歓びを与えられながらされる、こうした言葉責めにもう弱くなっていた。

内容はどうであれ、その返事で相手の動きが力強くなることを求めて、自動的に「ハイ、うれしいです。お願いします」という言葉が出てしまう。
「これから素っ裸で外に出してやるからな」と言われたって、返事してしまう。

G様によって何十回となく繰り返されたその習性は、S様に対しても反応していた。

言葉責めの一つだろう、いやS様のことだから、おそらく将来的にはそうなるのかもと漠然と考えながら日々を過した。
その次の回の共同の調教プレイの日と決められていた3月20日が2日後に迫った木曜日に、明後日はU子様も加わるから、とG様を通してはっきりと宣告された。

その瞬間に胃の底がきゅうっとなった。

U子様は、私がS様、G様に女性化調教を受けているということは当然知っているというのはS様、G様から聞いていた。
それ自体もショックだった。

そして写真も見せられているというのも聞いていた。
そのときもものすごいショックを受けた。

しかし昨年6月からの私の女性化調教で、U子様が現場に居合わせたことはない。

それどころか、S様と私を取り押さえて、もうストーキング行為をしないと、(結局は破られた)約束させられた時に声を交したのが最後だった。
そして7月に、退社するために出向先から戻ってきて、部内で挨拶していくのを、言葉をかける勇気もなく遠くから見ていたのがその姿を直接に見た最後だった。

そのU子との再会に、今の恥かしい姿をさらす、そのことを思うたびに胃がひきつる感覚が蘇えってくる48時間を過した。

土曜日の夜にS様にG様、そしてU子様を加えた調教プレーに引き出された。


G様と待っている私の前に、U子様は白の上下揃いの下着、黒のガーターベルト、黒のストッキング、高いピンヒールという姿でS様に伴われて現れた。

U子様の姿は実は去年の7月からその日までの間、私の調教のために、S様からG様に渡されたビデオで見てはいた。
が、それはS様とのセックスシーンが主で、下着姿の立ち姿を見たことはなかった。

というより、つきあっていた2年間の間で、こんなセクシーな姿は一度も見たことがない。
正直言ってまぶしかった。

高いヒールで私の知っているU子より高く見えた。
下着のせいもあるかもしれないが、胸もお尻も太腿も私とつきあっているころより、立派になったように見えた。

私は後ろ手に拘束され、首輪をG様に引かれ、赤い上下揃いの下着、花柄のガーターベルト。
除毛してすべすべになった足がよく分かるようにとのS様の考えで肌色のストッキングだった。

もともと、1m60センチ台の半ばしかない私に対し、U子は私より数センチ低いだけだ。
デートのときハイヒールを穿くとだいたい私と並んだものだ。

そのときは、私の知らない高いヒールのせいで、低めのヒールを穿いた私との差はほとんどなかった。むしろ姿勢の差によって、向こうのほうが大きく見えた。

相対したときの姿がちらりと鏡で見えたとき、何から何まで美しいU子様に対し、自分の姿が下品に見えた。

安っぽい赤の下着。不揃いの花柄のガーターベルト。
女装者ということがまだはっきり分る体型。
後ろ手に拘束されてリードで引かれたへっぴり腰の姿勢。

悲鳴を上げたいほど恥ずかしかった。
向こうにいるのは、私が男性としてかつて愛した女性、私を男性として慕ってくれたことのある女性だ。
だけどS様やG様が心配したように暴れはしなかった。

何度めかの、そしてこれまでで最大かもしれない、死ぬほどの屈辱を胸の奥にしまって、S様とG様の命令に順番に従った。
命令されるということでこれほど助かったと感じたことはない。
もし命令がなければ、身の置き場がなく、もっと恥ずかしい思いをしただろう。

======

この時の話、そんなに書くつもりはなかったのに、書き始めたら、いろいろと細かいことが思い出されてしまって、思ったより詳しく書いてしまいました。なんだか一気に吐き出す気分です。

たぶんこの当たりで区切ったほうがいいように思います。

コメントの投稿

非公開コメント

肛歓遊戯 舞の倒錯オナニー編




プロフィール

yukismiling

Author:yukismiling
2009年6月より思いがけないきっかけかで女性化調教を受けています。ホルモン治療中。20代後半。一般会社員→派遣。ブログは調教の一部としてはじめました。

最新記事
最新コメント
はじめての方へ
記事がたまってきてはじめて訪問される方には過去記事が錯綜していて事情が分かりにくいようです。状況が簡単に分かる記事をいくつかリストアップしてみました。


あとは カテゴリーの のその他の記事、またカテゴリー あたりから読んでいただけるとだいたい分かると思います。
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter @yukihappytears
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。