FC2ブログ





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この人について行くことにした」

昨日書きかけで、U子様のコメントで動揺して中断した記事をひと段落書けるところまでを完成させます。

ゆきは、今、G様のことを、「この人について行くことにした」と、言うことができる。

G様から離れられないという、その気持ははっきりしている。
でもこの言葉は、私にとって特別に重い。
重いというのは、その決断じゃなくて、言い回しのほう。

私は去年まで、普通の中堅企業に勤める男性会社員で、2年以上のつきあいになる恋人もいた。
恋人とはU子様。

この先、U子様と書くと、文章が変な感じになるので、U子と書くことにする。
そのときの彼女はU子様ではなくてU子、二人のときはUちゃんだった。

U子は私の一歳年下。
そろそろ結婚も考えなければと思っていた、昨年の4月の新年度にすべてが変ってしまった。

きっかけは同じ部署にいた彼女が、関連会社に出向になったこと。
今から考えれば唐突な感じのする異動だった。
そして早い話が、そこで、彼女に新しい男性ができた。

その社の人ではなく、重要クライアントの会社経営のずっと年上の男性だった。
浮気が発覚するまで3週間もなかった。

実は3週間で浮気というのは、私の甘い考えで、二人の仲はもう3か月以上も前から進行していて、異動もいろいろな利害が一致して仕組まれたものだった。
女性同僚で裏を知っている人もいたらしい。
最後まで私だけが本当の理由を知らなかった。
真相を知らされたのはもう私の女性化調教が順調に進んでからのこと。

今となってはどうでもよい。
むしろそのほうが自然だ。

浮気が発覚は、ばれたというよりも、わざわざ私に引導を渡すために二人で仕組んだようなものだった。

両親を安心させようと結婚の話を4月になって、私が急ぎ出したのが、結局うるさがられることになった。
連休中に両親に会いに実家に帰ろうという話をした次の週に、彼女の部屋で、二人が夜二人きりでいるのに出くわすことになった。

二人は服こそ着ていたが、U子のほうは部屋着で、明らかにSexを終えた後の雰囲気があった。
そして縄やらアイマスクやらSM行為の後が奥の寝室にちらっと見えた。
しかしSMの物件は私にとって、それは二の次でしかなく、後になってから鮮明に思い出された。

問いつめる私に彼女はほとんど他人の顔で男に寄り添っていた。
あんなU子の顔をはじめて見た。

私とのことはなかったことにしてほしい、Sさん(彼の名)についていくことにした、と何ごともないように答えるばかりだった。
これ以外の説明を聞いた記憶がない。

「Sさんについていくことに決めたから」
「とにかく、この人についていくことにしたの」

何を言っても繰り返されるこの言葉。


男のほうは、余裕のある冷静な態度で、私に言い渡した。

「そういう事情だから、U子さんの迷惑にならないようにしてください」
「U子との連絡は今後いっさい絶つように」

まるで聞き分けのない子供を諭すような言いかた。
ミスをした部下にきっぱりと善後策を指示するような口調。

二人の余裕に精神的に圧倒された。
あまりのショックでどう言い返していいかも分らなかった。
殴ったり暴れたりという器量もなかった。

その日はどうやって家に帰ったか覚えていない。
起きたら1年間ほとんど手をつけていなかったジャックダニエルのボトルがほとんど空になっていた。
1日中吐きまくって、がんがんする頭に

「この人についていくことにしたの」

という彼女の言葉だけがリアルに何度も何度も再生されていた。


今の私は、彼女が

「この人についていくことにした」

と言った気持ちが分かる。

彼女はS様に調教されていた。

私が与えられない強い力に屈服して、その歓びをぞんぶんに味わい、それ無しでは生きられなくなっていた。
その気持が今は分かる。
彼女は、私が今こうして身も心もG様のセックスと調教を焦がれているのと同じ気持を味わっていたのだ。

私のままごとのようなセックス、いや私という存在が、何の意味もないものになっていたとしてもしかたがない。

女としてのセックスをするようになってから、そのどうしようもなく焦れる気持、そして、「この人についていくことにした」と言えるときの思いが与える歓びをはじめて知った。

「この人についていくことにした」

だから、この言葉には、悔しさと歓びの二種類の涙がつまっている。

ゆきにできることは、たくさん歓びの涙を流させてくれるご主人様についていき、仕えることだけ。

コメントの投稿

非公開コメント

覚醒?

ゆきさん。

何か、封印していたものが、
目を覚ました感じがします。
良かったのかなぁ。

ゆきさんのブログを読んで、
すごく胸がドキドキしてる。
意識に靄がかかってる。

これで、良かったのかなぁ。

No title

mar14th さん、興味持って、読んでいただいてありがとうございます。
すごく個人的な話、辛い話でもあるので、書くのに勇気がいったんですが、これも調教の一つだと言われました。
肛歓遊戯 舞の倒錯オナニー編




プロフィール

yukismiling

Author:yukismiling
2009年6月より思いがけないきっかけかで女性化調教を受けています。ホルモン治療中。20代後半。一般会社員→派遣。ブログは調教の一部としてはじめました。

最新記事
最新コメント
はじめての方へ
記事がたまってきてはじめて訪問される方には過去記事が錯綜していて事情が分かりにくいようです。状況が簡単に分かる記事をいくつかリストアップしてみました。


あとは カテゴリーの のその他の記事、またカテゴリー あたりから読んでいただけるとだいたい分かると思います。
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter @yukihappytears
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。