FC2ブログ





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U子様への挨拶 - 三人の談笑

着る物を探索しに外出している間に、読者の方からコメントいただき、そしてU子様、S様からメールとコメントと頂いた。

未知の読者の方に励まされるとうれしい。

そして2人の御主人様が楽しんでいらっしゃる。
私が表現することがなかった、私のそのときどきの内面が文章であとから手にとるように分かるのが楽しいという。
そして私の物の考え方が、これほどに女性化していることが分かったのが、驚きでもあり、気に入った点でもあるという。
明日の調教の参考にするので、第1回目の調教の話を、さらに進めるようにと言われた。

今日はG様から可愛がっていただけないのは分かっている。
3人での調教の前の日は、セックスなさらない。
じらしや言葉責めだけがある。

外飲みだとおっしゃるG様の呼び出しを持ちながらできるだけ先ほどまでの続きを進めてみます。

=====

「じょうずね」と言われ、一瞬眼を合わせて俯いた私に、G様が、

「さあU子様にご挨拶しなさい、今日からU子様もお前の御主人様だから」

と促した。

この挨拶は、先ほどのS様への挨拶と違い、言葉の挨拶で、その日の朝からG様の指導で何度も練習させられていた。

はっきりした言葉の挨拶は辛かった。
まだハイヒールの底を舐めろと言われたほうが何十倍も楽だった。
でも、そんなことは問題にもならなかった。

挨拶はそれほど長いものではなく、私はそれを今も暗唱することができる。


〇〇U子様(結婚後のフルーネーム)、
〇〇××(私の本名のフルネーム)はご覧のとおり今はほとんど女です。
今の名前はゆきといいます。
U子様のご覧になっていない間、ゆっくりと時間をかけてS様とG様に調教されました。
そして女でいることの歓びを覚えました。
今は、普段はG様の女として、毎日幸せを噛み締めています。
これからももっともっと調教されて、完全に女になりたいと望んでいます。
今日は、調教の成果が出て、U子様にお披露目できるようになってうれしいです。
U子様に御主人様として調教に加わっていただけると伺ってありがたく思っています。
ゆきにこの幸せを与えてくださった、U子様の御主人様のS様(S様は姓)には、特に感謝しています。
その感謝の気持をU子様にも捧げていきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いたします。

2、3度だけつっかえたが間違いなく言うことができた。

そんな屈辱的な言葉を覚えさせられ言わされるのを、受け入れられたのも、G様が私を支配し歓ばせるその力によってだった。

U子様の返事は

「こちらこそ、よろしくね」

だけだった。

そのあとS様が促して、4人ともソファーに座った。
私も立ちあがり、G様の隣りに座ることを許された。

2組のカップルがソファーで相対する形になった。
G様は私の方の背中に手を回して腰掛け、私の胸や尻、腿を手持ちぶさたに愛撫しながら会話に興じた。
対面のS様とU子様も似たような感じだった。

私は恥ずかしさのあまりほとんど自分の膝元を見てうつむいていた
そして会話は、私のことを一切無視し、主にU子様が好奇心たっぷりに2人に質問してそれで話が進むというような、3人の明るい談笑がずっと続いた。

今までの調教のようす、私のそれに対する反応、ホルモン治療の進展ぐあい、G様との私の生活、etc
U子様は私に一度も直接に声をかけなかった。

ときどき、会話の内容を確認して、G様が私に同意を求める返事を求めてくる。

「こいつ、ちょっとでもしてやんないともう欲求不満でもう大変ですよ。休みの朝なんかもう…」
「えっ、朝からしちゃったりするわけ~」
「そうですよ。朝だけで何度もイクのが好きなんだよな、な、ゆき」
「は、はい。」
「先週のホワイトデーはすごかったよな。朝と夜とどっちがたくさんイッた? ゆきは」
「……」
「どっちだ? 朝3回だろ、俺が覚えてるだけでも」
「え~、うちよりすご~い」
「ん、ゆき、夜は。俺はもう覚えてないよ、最後くたくたで」
「……」
「夜は? ん? 何回?」
「もっとです」
(3人爆笑)

こんな会話が交されたのを覚えている。
こんな調子で3人が一杯やりながら、お互い緊張をほぐしていくのを、私はうつむきながらずっと聴いていた。

========
G様から外飲みの呼出しがあったのでここまでで送信して出掛けてきます。

「じょうずね」

前回のエントリーの続き。

その日から始まった2週間ごとの4人での調教プレーが、明日は4回目。

1回ごとに発展していく。

明日までに、その1回目のショックをここで吐き出そうとしているのが自分でも分かる。

その1回目の夜。

U子様は基本的にS様とG様に対してはM、私に対してはSとして振る舞った。
ただし、G様からはいろいろなプレーをされるが、その他の点では、言葉遣いやなにかは精神的には対等な立場だった。

そして、その日、私には精神的にSとして、それを言葉や態度で示されたが、プレーには参加してこなかった。
一度も、直接的にも、道具を介して間接的にでも、U子様が私に触れることはなかった。

しかしその視線と、言葉だけで私に激しい屈辱与えるのに十分だった。

二人は現われると、U子様はS様に促されて近くのカウンタースツールに座った。
その脇にS様が立った。

G様は、私の後ろ手の拘束と首輪のリードを外してくれた。
そしてそのG様の「S様にごあいさつしない」という声に促されて、G様の前に跪いた。

私とG様の間で

「あいさつしなさい」

というのは具体的な一つの行為を指していて、それはもう日常的に繰り返されてきた。

そしてその日の午前中から、G様に「今日はまずS様への念入りなご挨拶を忘れないように」と言われていたので、何をしなければいけないかは迷いはなかった。

跪き、自由になった両手でS様のズボンの前のジッパーを開いた。
これもG様との間で繰り返されてきたことだ。

しかしS様に対してははじめてだ。
前2回の調教ではS様はすでに裸になって、そそり立ものを私に差し出していた。

自分から求めるように、前に立った男のジッパーを開き、ブリーフの前から取り出し、それに唇を捧げるという行為が恥ずかしさを倍加させた。
しかしG様との間で慣れた動作で自分でも驚くほど何の躊躇もなく動作はスムーズに進んだ。

S様は自分のものが十分固くなったころ、私の頭をいったん外し、自分からベルトを外してズボンを脱ぎ、ブリーフを下した。
その間私は、視線を落してずっと待っていた。

S様のとなりのスツールに座っているU子様のハイヒールがゆるゆると小刻みに動いているのが斜め向こうに見えた。
彼女が私を見下ろしている視線がそれで痛いほど感じられた。
しかし、見上げる勇気はなかったし、その許可も得ていないという気持が調教というものに慣れている自分の頭のなかをよぎった。

後ろにいるはずのG様の視線も気になった。

自由になってそそり立ったS様のものに、私は、G様の調教で身についたテクニックを使い、そして、そして2週間前にS様本人からじかに教わったS様好みの流儀を思い出しながら、一生懸命奉仕した。
G様から、あとで、自分にするときと同じくらい愛情がたっぷりこもっていたとからかわれたくらいだった。

亀頭をちろちろ舌先で愛撫し、唇で中程まで柔らかく包みこみ、玉を含んで舐め、竿を上から下まで愛しそうに舐め、口いっぱい喉いっぱいに含んでディープスロートした。

視界の向こうにゆらゆらと動くハイヒールの足が、眼をつぶっても脳裏をよぎるのを、忘れようとしてあれほど夢中になったのだと思う。

奥深く含みながら、S様のものが膨れ出してきて、いよいよかなと思ったところで、急に頭を押えていたS様の手が私を逆に引っ張り、

「このくらいでいい」

と言った。

G様も後のセックスが控えているときは射精しないのでそれには慣れているが、この時はS様のものが、明らかに射精に向けて膨らみ出していて、それを期待していたので、軽い失望感と中途半端な気持のまま口を話したのを覚えている。

そしてその瞬間

「じょうずね」

と一言、U子の声が頭の上から降ってきた。
はじめて私にかけられたU子様の言葉だった。

不意をつかれて、私は声のほうに顔をあげた。

跪いて上目遣いに見あげている私を、くったくない笑みを浮べて見下しているU子の眼がそこにっあった。

顔は笑っているものの、ぞっとするほど冷たい眼だった。

「この人についていくことにした」と、私に、他人の顔を向けて言ったときの眼、ストーカー行為をした私を蔑むように見ていたその眼、それが何十倍にも増加されたような目つきだった。

それが私とU子様のその日の唯一のアイコンタクトだった。
そして、私にとってU子がU子様になった決定的瞬間だった。

========

書きなががら乾かしていたマニュキュアが乾いたので、着る物を見に、いったん外に出ることにします。

「次はこの姿を…」 ~ 赤の下着

前の記事に書いた、S様が積極的に加わっての2週続きの調教があって、2週間後の3月20日に調教にU子様が加わることになった。

それは、3月6日のS様主体の調教のときに言葉責めとして予告されていた。

「次はこの姿をU子に見せてやるからな。」

一生懸命S様のものに口でご奉仕しながら、そしてアナルを犯されて声を上げて歓びながら、繰り替えされるその言葉責めに私は、訳も分らず無我夢中で頷いていた。

「うれしいか? うれしいんだったら、ハイうれしいです、お願いしますって、言ってごらん」

頭が痺れるような歓びを与えられながらされる、こうした言葉責めにもう弱くなっていた。

内容はどうであれ、その返事で相手の動きが力強くなることを求めて、自動的に「ハイ、うれしいです。お願いします」という言葉が出てしまう。
「これから素っ裸で外に出してやるからな」と言われたって、返事してしまう。

G様によって何十回となく繰り返されたその習性は、S様に対しても反応していた。

言葉責めの一つだろう、いやS様のことだから、おそらく将来的にはそうなるのかもと漠然と考えながら日々を過した。
その次の回の共同の調教プレイの日と決められていた3月20日が2日後に迫った木曜日に、明後日はU子様も加わるから、とG様を通してはっきりと宣告された。

その瞬間に胃の底がきゅうっとなった。

U子様は、私がS様、G様に女性化調教を受けているということは当然知っているというのはS様、G様から聞いていた。
それ自体もショックだった。

そして写真も見せられているというのも聞いていた。
そのときもものすごいショックを受けた。

しかし昨年6月からの私の女性化調教で、U子様が現場に居合わせたことはない。

それどころか、S様と私を取り押さえて、もうストーキング行為をしないと、(結局は破られた)約束させられた時に声を交したのが最後だった。
そして7月に、退社するために出向先から戻ってきて、部内で挨拶していくのを、言葉をかける勇気もなく遠くから見ていたのがその姿を直接に見た最後だった。

そのU子との再会に、今の恥かしい姿をさらす、そのことを思うたびに胃がひきつる感覚が蘇えってくる48時間を過した。

土曜日の夜にS様にG様、そしてU子様を加えた調教プレーに引き出された。


G様と待っている私の前に、U子様は白の上下揃いの下着、黒のガーターベルト、黒のストッキング、高いピンヒールという姿でS様に伴われて現れた。

U子様の姿は実は去年の7月からその日までの間、私の調教のために、S様からG様に渡されたビデオで見てはいた。
が、それはS様とのセックスシーンが主で、下着姿の立ち姿を見たことはなかった。

というより、つきあっていた2年間の間で、こんなセクシーな姿は一度も見たことがない。
正直言ってまぶしかった。

高いヒールで私の知っているU子より高く見えた。
下着のせいもあるかもしれないが、胸もお尻も太腿も私とつきあっているころより、立派になったように見えた。

私は後ろ手に拘束され、首輪をG様に引かれ、赤い上下揃いの下着、花柄のガーターベルト。
除毛してすべすべになった足がよく分かるようにとのS様の考えで肌色のストッキングだった。

もともと、1m60センチ台の半ばしかない私に対し、U子は私より数センチ低いだけだ。
デートのときハイヒールを穿くとだいたい私と並んだものだ。

そのときは、私の知らない高いヒールのせいで、低めのヒールを穿いた私との差はほとんどなかった。むしろ姿勢の差によって、向こうのほうが大きく見えた。

相対したときの姿がちらりと鏡で見えたとき、何から何まで美しいU子様に対し、自分の姿が下品に見えた。

安っぽい赤の下着。不揃いの花柄のガーターベルト。
女装者ということがまだはっきり分る体型。
後ろ手に拘束されてリードで引かれたへっぴり腰の姿勢。

悲鳴を上げたいほど恥ずかしかった。
向こうにいるのは、私が男性としてかつて愛した女性、私を男性として慕ってくれたことのある女性だ。
だけどS様やG様が心配したように暴れはしなかった。

何度めかの、そしてこれまでで最大かもしれない、死ぬほどの屈辱を胸の奥にしまって、S様とG様の命令に順番に従った。
命令されるということでこれほど助かったと感じたことはない。
もし命令がなければ、身の置き場がなく、もっと恥ずかしい思いをしただろう。

======

この時の話、そんなに書くつもりはなかったのに、書き始めたら、いろいろと細かいことが思い出されてしまって、思ったより詳しく書いてしまいました。なんだか一気に吐き出す気分です。

たぶんこの当たりで区切ったほうがいいように思います。
肛歓遊戯 舞の倒錯オナニー編




プロフィール

yukismiling

Author:yukismiling
2009年6月より思いがけないきっかけかで女性化調教を受けています。ホルモン治療中。20代後半。一般会社員→派遣。ブログは調教の一部としてはじめました。

最新記事
最新コメント
はじめての方へ
記事がたまってきてはじめて訪問される方には過去記事が錯綜していて事情が分かりにくいようです。状況が簡単に分かる記事をいくつかリストアップしてみました。


あとは カテゴリーの のその他の記事、またカテゴリー あたりから読んでいただけるとだいたい分かると思います。
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter @yukihappytears
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。