FC2ブログ





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御主人様としてのS様

私の女性化の調教は、私が初めて折檻を受けるきっかについて話した前の記事「ストーカー ~ 罪と罰」 で書いたとおり、S様とG様の二人によって始められた。

ただしS様は指示を出し監督し、記録するほうで、実際にはG様によって進められた。
G様は若い子に女性化を仕込んだ経験が豊富でつぼを心得ている。

S様にはゲイやバイの趣味はないので、直接にお手を下すことはなくて、拘束したり、SM的な責めに加わるくらい。

そして、去年の秋あたりからは、ほとんど私とG様の世界になり、私はその世界に酔った。

S様はときどきやってきて、楽しそうに、私に対する調教の成果をご覧になったり、言葉責めで私の心をひりつかせていた。
G様に抱かれて歓んでいる私を見て、満足そうにし、わざとU子のことを話したりする。

「おお、U子といい勝負のよがり方になってきたじゃないか…。俺たちも今日はあとで負けないように頑張るかな。」

そんな言葉を聞かされても、なすすべなく、G様に翻弄されるだけになっていた。

ところが今年の2月末からS様が調教に積極的に加わるようになってきた。
G様の調教の成果によって、もう何から何まで女性のようなセックスをするのが板についてきたのと、12月のはじめに始めたホルモンの効果が3か月近くたって少しづつ出てきて、体にも女性化が表われてきたのに興味をお持ちになった。
S様はゲイでもバイでもないけど、ニューハーフとのセックスのはお好きとのこと。

そして今年の2月27日、私はS様に女性として犯された。

G様以外の男性のおちんちんを始めて受け入れた。
あまりにG様のおちんちんに馴染み過ぎていたため、その違う感じに新たに処女を奪われた感じがした。
大きい小さいとかの問題ではなく(お二人ともどちらも遜色はない)、入ってきたときの感覚や、当る場所、動きの違いなどが新たな感覚を引出す。

自分の恋人を寝取った男に女として犯された。

G様の目の前だったので、感じるような感じないようなふりをして切り抜けようとした。

しかし、我を忘れた大きな歓びの声をあげさせれた。
G様とのセックスでイクのと同じほどの歓びをもらった。

自分の恋人を寝取った男に女として抱かれ歓んだ。
S様にまた新たに征服された。

次の1週間、その屈辱の気持は続いた。
それが覚めやらない、次の土曜日も、G様の前でS様に犯された。

前の週はG様との調教にS様が加わったという形だった。
今度は、G様のつきそいでS様に調教されたといっていい形だった。

S様の流儀でフェラチオをしこまれた。
アナルを犯されて歓ぶよりもある意味で屈辱だった。

縛られ、ホルモンで敏感になっている乳首をニップルクランパーで責められた。
ディルドで翻弄され、そしてその立派なおちんちんでよがらされた。

そのたびごとに、「U子はこれが大好きだ…」というようにいちいちU子をひきあいに出す言葉責めが加わった。

私はG様の前でS様の責めに酔った。

前に、直接のご主人様としてはっきりと愛おしさを感じるG様と違って、S様に対する感情は複雑だと書いた。
自分でもまだはっきりと整理できていない。

ほんとうは憎むべき相手で、そして事実憎んだ。
その気持の整理はなかなか難しい。

しかしS様もまた私のご主人様でもあり、そして私を調教で酔わせ、歓びの涙を与えてくれている。

私がもう幸せな気持とともに受け入れている私の女性化を最初に考え、それを監督している責任者でもある。
私が自分の女性化の幸せに感謝しなければいけないとしたら、いちばん感謝しなければいけない方でもある。

だけど私がご直接にご主人様として日々慕っているのはG様だ。

S様はご主人様のその上のにいるご主人様の存在と言っていい。

こう書いてもG様はお怒りにならないだろう。

実際G様とS様の間にはある種の力関係があり、年齢でも、実際の仕事つながりの経済的な関係においても、S様が上にいて、これはG様もはっきり認めている。

直接命令を下さり、そして馴れ合い的に甘えることのできるG様と違って、S様は今の私にとっては、畏怖する存在といっていよい。
その御意向は私の想像を越えたところがあり、私の調教がその御意向でどうなるか、それを考えるとき、私はいつも恐れを感じる。

だからS様のペニスにご奉仕し、S様に犯されることは、私にとって特別な意味を持った体験だ。
明日はその6回目の日。

そしてそこにU子様が加わり、私がS様にご奉仕し、S様に抱かれて歓ぶのを加虐的な目で見るようになって4回目の日となる。

U子様が加わっての話はこの1記事では書ききれませんでした。

お気楽なだけじゃなくて ~ 朝からの気がかり

さっきの記事で、何もプレッシャーがないなんて、すごい気楽そうなことを書いたけど、仕事関係のプレッシャーがないだけで、セックスだけをエンジョイしてハッピーハッピーに毎日過ごしているかというと、もちろんそんなわけはない。

いろいろな悩みはある。

将来への不安、家族のこと、ずっと可愛がってもらえるだとうかという心配、独占欲からくる嫉妬、ホルモンのもたらす情緒不安定、肌や除毛、体型の悩み、etc

そして毎日の生活の底を流れて、自分の予想を越えて三人のご主人様から完全女性化へとどんどん押しやられてハードルを越えるときのプレッシャーがある。
たとえば、来週から出勤がそうだし、現に午後外出するのだって、心穏かにできるわけではない。
これは最初から女装が好きで始めた人とも感覚が違うと思う。

そしてG様との日常以外に、S様とU子様が加わっての調教は、何が起こるか分からないだけに、そして1年前のあのことの他ならぬS様とU子様がお相手だけに、それを予告されるだけでいつも激しく心が乱れる。

実は明日がその日ずっと前から決められている。
G様も加えて三人のご主人様による調教。今年からだいたい2週間に1回のペースで行なわれている。

その明日のことが、朝目覚めたときからずっと心にのしかかっている。
昨日までは考えないようにしていたんだけど。

このままこの内容で記事を続けようと思ったけど、ご主人様としてのS様とU子様のことについては、簡単に書けないので、この記事をここまでにして次のエントリーに分けます。

シーツも洗濯しているから3度目の洗濯機。

====

続きを読む

朝の雑感 ~ 一人の休日

お天気がいいのでお洗濯。
洗濯機がぶんぶん働いています。

昨日の「罪と罰」の続きの下書きもあるのだけど、ちょっと重いのでまた後で完成させてアップします。

今日の予定は、お洗濯とあと片づけ。
G様が朝からいらっしゃらなくて、夕方まで一人だと、相当時間がある感じになる。

その間にたくさんブログ記事あげちゃおうかな。
読者になってみないと分からないんですけど、あまり記事をあげると嫌がられるのでしょうか。
これちょっと心配です。
読みにきてくださっている方、コメントでぜひ意見を聞かせてください。

私は文章を書くのが苦手でなくて、そして早い。
去年までの職種はいちおう、報告書を書くのが仕事みたいなもので、いろいろなデータを見て、一日にかなりの量の頭を使う文章を書いていた。

それが今年、S様のところの派遣の仕事に変わってから、仕事の内容が補助的な物になって、自分で頭を使って文章を書くということがなくなった。
せいぜいエクセルで表を作るくらい。

だから文章を書くということに飢えてるんだな、と自分でも思う。


休みの日にこうやってお洗濯して、仕事の上でプレッシャーのかかることがなくて、何しようかな、なんて考えていると、なんと平和なんだろうって思う。

以前の職では休みの日でも、仕事を家に持ち帰ったり、頭の隅で仕事のことばかり考えていた。

それが今は、職場を離れたら仕事のことはきれいさっぱり忘れられる。
補助職の仕事って何て楽なんだろうと思う。
職場で少しくらい悔しいことがあっても、仕事のストレスということでは絶対こちらが得。
働く男性の自殺のほうがはるかに多いのもわかる。
これだけでも、もう、男に戻ってバリバリ働くなんてしたくないと思う。

もちろんお給料は下がったんだけど…
こういう空いた時間にネットのサイドビジネスでもしようかしら。
なんて、何もアイディアはないんだけどね。

今日やることは。

とりあえず、午後にはまた着る物を探しに行ってきます。
あと全般的に化粧とか着こなしとか練習しなきゃ。
パンツとはいえ、来週からは朝っぱらから完全に女性の格好で会社に行かなければいけないから。

今の格好はレディースのジーンズ。
今まで家の中では、スカートや可愛いワンピースが多くて家の中だけの女装、G様だけへの女装という感じだったけど、今日はこのまま外に出られる格好にしてみます。
やっぱりお買い物に行くのに、試着するならちゃんとした女性の格好のほうがいいみたい。

ちゃんとお化粧して、トップスもブラして、透けブラでも変でない格好で行くことにします。

少しづつ日の光に慣れていかないと。
肛歓遊戯 舞の倒錯オナニー編




プロフィール

yukismiling

Author:yukismiling
2009年6月より思いがけないきっかけかで女性化調教を受けています。ホルモン治療中。20代後半。一般会社員→派遣。ブログは調教の一部としてはじめました。

最新記事
最新コメント
はじめての方へ
記事がたまってきてはじめて訪問される方には過去記事が錯綜していて事情が分かりにくいようです。状況が簡単に分かる記事をいくつかリストアップしてみました。


あとは カテゴリーの のその他の記事、またカテゴリー あたりから読んでいただけるとだいたい分かると思います。
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter @yukihappytears
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。