FC2ブログ





スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行ってきます

慌ててていたら、何も書かないうちに間違って投稿されてしまいました。

今日は2週間に1回の3人の御主人様との調教の日です。

出かける前に、記事を一つ送信しようかと思ったのですが、いろいろ忙しくて間に合いませんでした。

完全に女性の格好をするようになってから、仕事やプライベートでもでかけるたびに、いろいろと時間がかかります。

脱毛や肌の手入れとかにも。

もう前に書いてしまったので、隠してもしょうがないので言ってしまうと、昨日は姉とも会いました。
こういったことは、あまりはっきり書かないほうがいいと個人的なメッセで注意されたので、もう少し時間がたってから、書ける範囲で書きます。

そろそろ行ってきます。

たくさんの方のコメントにもまだお返事できていませんが、ごめんなさい。


「妬けるわね」

調教のある土曜日は、体力と気力を夜の調教に向かって温存するために、あまり慌ただしいことをしないでゆっくり過ごすよう言われている。

ブログも濃い話はやめなさいと言われているけど、2週間前の調教のことについて何も書いていなくて、指示を受けて、少しだけ書いておきます。

2週間前の土曜日の調教では、3人の御主人様が、調教の前々日に私が気持を吐き出した記事を面白がって読んでいて、それをお使いになった。

2週間前にいちばん書きにくかった記事は、G様とU子様がセックスするのを最初に見たときに、沸きあがる嫉妬の気持だ。
もちろん、U子様が他の男とセックスしているということではもうない。
G様がU子様を可愛がっているということに対する嫉妬の気持。

どんなに押えていても、本物の女性に対するコンプレックスというものはある。
ほんとうはG様も本物の女性とセックスするほうが好きではないか、いつかG様の心をとられるのではないかという、馬鹿馬鹿しいと思っても、その場になると湧き上がる気持。

S様とU子様は、私の気持を最大限に生かすとおっしゃった。

そして、結果として、5月1日の4人でのプレーのときは、私とG様というセックスの組み合わせだけが避けられ、おあずけになった。

G様はU子様を徹底的に愛撫し、何度も何度もイカせた。
私にいつも使うテクニックを、特別に濃厚にU子様に施していた。

私を嫉妬で狂わせるためだった。

G様とU子様のベッドの上でのセックスを見せつけられながら、私はS様に後から抱かれていた。
横に寝そべったまま、S様が私を背後からおおいかぶさるように抱き、貫き、ゆっくりと胸を愛撫しながら、ゆったりと時間を過ごされた。

私の激しい嫉妬を押しとどめるかのように、S様は私の体を背後からがっちりとかかえ、気持をなだめるかのように胸を愛撫していた。

ベッドの上のG様とU子様は、向い合って抱きあい、愛しあっている二人のような濃厚なセックスをしていた。
そして、G様にしがみつくU子様の声が激しくなった。
もうずっと耳になじんでいるいつもの声。
私のものでもある声。

自ら激しく動いているU子様の腰、それは私とそっくりだった。

それを呆然と眺めながら、気づいてみると、背後のS様の動きが、それに合わせるように激しくなっていた。
まるでG様がU子様を突き上げるように、S様は私のお腹を背後から突き上げはじめた。

U子様の声を聞きながら、S様に突き上げられて、自分も同じ声を上げていた。

目をしっかりつぶっていた。

いつの間にか、G様とU子様とことが意識から消えてっいた。
二人の声が聞こえないほど遠くのものになり、自分の声と、S様の息づかいだけが聞こえていた。

いつの間にか、私とS様の二人の世界に入りこんだ。

そうして、イッタ。

そしてもう1回。

泣き叫びながら。

S様に翻弄されて、狂っていた。

疲れ果て、動きがとまり、ぼうっとしていると、上から

「妬けるわね」

という声が突然聞こえた。

U子様の声だった。

顔を上げると、いつの間にか、U子様とG様が並んで仲良く私を見下ろしていた。

G様も、笑いながら

「俺も」

と、ぽつりとおっしゃった。

消えてしまいたいほど恥かしかった。

二人はいつの間にか自分たちのセックスを終り、悶えよがっている私を観察していた。
背後のS様はそれを知りながら、私に我を忘れさせ、何度も絶頂へと追いつめていた。

激しい羞恥とともに、何とも言えない罪悪感が襲ってきた。

G様のことを見ていたはずなのに、S様に抱かれるうちに、G様のことも忘れて、いつの間にかS様との二人の世界に没頭していた。

恥しさのあまり、身をよじらせて自分の体を隠したくなった私を、S様はがっちりと後ろから押え、また腰を動かしはじめた。

まだ射精していなかったS様は余裕たっぷりだった。

私もくたくたに疲れていたと思ったのに、腰からお腹を貫き突き上げる、強い力の運動に、体をまかせていると、後頭部が痺れるような感じがまた襲ってきた。

かすれた声をふりしぼるような声が喉の奥から出はじめた。

目をつぶり、感覚に自分をまかせていると、上から見下ろす二人のことがまた意識から消えていった。

ご主人様をほめられて...

朝、コメントをチェックしていて、昨日いただいたコメントでお返事してないものがあるのに気がつきました。

皆さん、気をつかってくれて、お返事は不要と言ってくださるのだけど、コメントにお返事するのは、自分の考えを思わぬ方向から引出されることになるので、義務感とかじゃなくて純粋に好きです。

だから、書きかけの記事があるときは別だけど、遅くならないうちにできるだけお返事したいなと思っています。

そのお返事してなかったコメントは読んではいたけど、メールの通知で見たとき、なんとなく個人的な拍手コメントだと勘違いしてたんですね。

その中に

> 高いハードルを課して精神的に追い詰めておいて、
> フォローや気配りも怠りない。
> SMプレイのご主人様として、Sさんも凄腕です。
> きっと経営者としても優れた資質をお持ちの方なんでしょう。
> 20代のゆきさんには最初っから太刀打ちできる相手ではなかったようです。

というのがあって、これが私に引き起す感情が頭の中を今朝からぐるぐる回っています。

読んだときの反射的な気持は、

「うれしい」

です。

私がちょっと触れた話から、S様の姿、その力を見抜いてくださって。

そしてその後に、とても複雑な感情が押し寄せてきました。

U子様とのこと、そして今の私の変えられた人生、そのすべての大元にS様がいます。

3人の中でいちばん憎んでいい存在だと思います。

憎むという感情はもうなくなったと以前に書いたと思います。

そしてS様に対する今の私の感情は、何と言葉で表していいか分からない、とても複雑ものです。

上のコメント、そしてそのとき自分でとっさに思った、「うれしい」という感情で、その複雑さが炙り出された気がしました。

何度もそのことを心の中で反芻して、コメントを見るたびに、やはり戻ってくる感情は「うれしい」です。

ご主人様をほめられて。

「凄腕」とい言葉に、誇らしいという気持さえします。

「経営者としても優れた資質」という言葉にうんうんと頷いてしまいます。

複雑な感情というのは、S様に対する感情だけでなく、とっさに「うれしい」と喜んでしまう、自分自身の気持にも向けられています。

これ以上はうまく書けないのですが。
とにかく気持を書いてみました。

すみません、また重くなってしまったでしょうか。
たぶん、なかなか理解してもらえない感情だと思います。



========

先ほどのぐちっぽいエントリーにさっそくいくつも拍手をいただきました。
催促してしまったみたいですみません。
読んで気にかけてくださっている方たちがいるということだけでも、うれしいです。








肛歓遊戯 舞の倒錯オナニー編




プロフィール

yukismiling

Author:yukismiling
2009年6月より思いがけないきっかけかで女性化調教を受けています。ホルモン治療中。20代後半。一般会社員→派遣。ブログは調教の一部としてはじめました。

最新記事
最新コメント
はじめての方へ
記事がたまってきてはじめて訪問される方には過去記事が錯綜していて事情が分かりにくいようです。状況が簡単に分かる記事をいくつかリストアップしてみました。


あとは カテゴリーの のその他の記事、またカテゴリー あたりから読んでいただけるとだいたい分かると思います。
カテゴリ
月別アーカイブ
twitter @yukihappytears
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。